menu

大人ニキビをなくそう

白い錠剤と黄色い背景

ニキビの原因を知る

成長期や思春期に、顔にニキビができてしまって悩んだ人は多いかと思います。しかし思春期のニキビは、ホルモンバランスがまだ上手く取れずにできているものであることが多いので、気付かないうちに治っていることが多いかと思われます。
しかし大人になってできたニキビは、少し厄介です。思春期の頃のニキビと違って治りにくく、それでいて炎症しやすかったり悪化しやすいといった性質があります。スキンケアを怠っていないのに出来てしまうのが大人ニキビの困ったところで、その原因と対処法を理解していないと完治しにくいのです。治っても痕が残ってしまったりするので、治し方も考えなければなりません。
大人ニキビを治すにはまず、ニキビができる原因を知っておく必要があります。

思春期のニキビがホルモンバランスが上手く取れていないことが原因であることからわかるように、大人ニキビもホルモンバランスの崩れが原因であることがあります。睡眠不足や過度なストレス、栄養の偏りが原因で自律神経が乱れ、体内で体を守ろうとする働きが活発になります。体を守る働きは男性ホルモンが担っています。人間には男性ホルモンと女性ホルモンが備わっており、両社がバランスを保っていることによって健康な状態を保つことができます。自律神経が乱れることで男性ホルモンが増加します。男性ホルモンには皮脂分泌を活性化させる特性があり、必要以上の皮脂は毛穴を詰まらせる原因となってしまいます。この毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態が、ニキビなのです。



大人ニキビの種類

白く見えるニキビは、皮脂が毛穴に詰まっている状態のニキビの初期段階であり、早めのケアをすることで炎症を防ぐことができます。黒く見えるニキビは、毛穴に詰まった皮脂が空気に触れることで酸化し、黒く変色してしまったものです。こちらもまだニキビの初期段階なので、早めのケアで悪化を防ぐことができます。黒ニキビが炎症を起こし赤くなってしまったものを赤ニキビ。赤ニキビがさらに悪化して、皮脂と一緒に膿が毛穴に詰まってしまっている状態のものを、黄色ニキビと言います。さらに、黄色ニキビの中に血も溜まってしまった状態のものを紫ニキビと言いますが、ここまでくると重度の皮膚炎と言えるので、皮膚科に行き医師の診察を受ける必要があります。

また、ニキビの原因は毛穴に汚れが詰まることだけではなく、乾燥が原因になることもあります。肌が乾燥してしまうと肌のバリア機能が低下し、角栓ができやすくなってしまいます。角栓とは、肌を守っている角質層が乾燥等によって剥がれ落ち、その欠片が毛穴に詰まることでできてしまうものです。角栓が毛穴に詰まると、皮脂や汚れが詰まりやすくなり、ニキビの原因になってしまうのです。

大人ニキビにおすすめ

また、ニキビの原因は薬にもあると言われています。市販のニキビ薬には様々な種類のものがありますが、思春期ニキビと大人ニキビでは、薬の効果が違います。思春期ニキビの薬は皮脂を吸収しやすい成分が含まれていて、大人ニキビの薬には肌の新陳代謝を促す成分が含まれています。大人ニキビに思春期ニキビ用の薬を使用すると、必要以上に肌を乾燥させてしまうので、ニキビを悪化させる原因になってしまうのです。

ニキビの治療薬を選ぶときには慎重にならなければなりません。目的の違う薬を使用していると、ニキビを悪化させてしまう原因になるからです。そこで、大人ニキビで悩んでいる人におすすめしたいのが、クリンダマイシンゲルです。他のニキビ薬と同じように、抗菌作用、抗炎症作用があります。クリンダマイシンゲルをおすすめする理由は、その治療速度にあります。早くて1週間でニキビが治るので、すぐにニキビを治した人にはおすすめの治療薬であると言えます。

コンテンツ一覧

茶色い顆粒の入っているカプセル

「大人ニキビの対策にはクリンダマイシンゲルがおすすめ!」のコンテンツ一覧です。

read more »

治療薬の説明

大人ニキビの治療薬としておすすめのクリンダマイシンゲルについて説明しています。赤ニキビ等の軽度から中度のニキビに特に効果があり、使用方法も塗るだけですぐ乾くので便利です。

read more »